歯の豆知識ブログ

タイトル

写真

あきやま歯科が何を目指しているものをお伝えします。

タイトル

写真

院長からの挨拶。生い立ちも紹介します!

タイトル

写真

あきやま歯科で行なっている診療科目です。

タイトル

写真

初めての方はこちらをご確認ください。

タイトル

写真

あきやま歯科の院内や設備を紹介しています。

タイトル

写真

あきやま歯科へご来院時はこちらを確認♪

タイトル

写真

各種保険を適用した場合や自由診療の料金です。

タイトル

写真

一緒に働いてくれるスタッフさん募集中です!

プラークとは?

日付2016年6月22日

私たちが歯を失う原因のほとんどはう蝕(むし歯)と歯周病によるものです。

この歯科の2大疾患の原因は同じもので、プラーク、バイオフィルムまたは歯垢などと呼ばれています。
この正体を一口に言ってしまうと、歯の表面に付着する細菌の固まりです。
色はうす黄色で、ネバネバ、ヌルヌルした感じで、歯を磨かないでいると、ほんの1日で歯の表面を覆う様になります。
このプラークの1000g分の1の中には、1億を超える細菌が棲みついています。
ピンとこないかもしれませんが、小さなスプーン一杯の砂糖が約1gですので、その1000分の1の量の中に、日本の人口と同じくらいの細菌などの微生物が棲みついているのです。
歯ブラシをしても、歯の表面にはペリクルという、唾液からの成分である糖タンパク質がすぐに薄い皮膜を作ります。
この皮膜にう蝕などの原因となるストレプトコッカスミュータンス菌などがくっつきます。
くっついた菌は、食べ物のショ糖を使って、
グリコかリックスというネバネバした物質を作って、細菌達にとって、とても棲みやすい環境となります。
ミュータンス菌はう蝕を作り、またこの状態が数日続くと、今度はこの棲みやすい環境をねらって、とても凶悪な悪玉菌が侵入して増えてきます。
この悪玉菌達から出来ているプラークは歯周病の原因となり、歯茎を腫らし、血や膿を出したり、歯の周りの骨を溶かしたりすることに関係します。
プラークを取り除く方法は?
1番簡単な方法は、何かお分かりでしょうか?
そうです!歯ブラシの毛先で細菌達の巣を破壊し、掻き取ること。すなわちブラッシングです。
いずれにしてもプラークがついたら速やかに取り除くこと。これがお口の健康を保つ秘訣です。

あきやま歯科マナー

日付2015年9月15日

あきやま歯科では患者様に安心して治療を受けて頂き
たいので、いくつかのお約束を最初にさせて頂きます。
imageimage

インビザライン

日付2015年9月6日

ご存知の方も多いのでは無いでしょうか?
透明のマウスピース矯正です。
従来の金属の金具を付けない矯正治療が可能です。

目立たない方がいい、金具が当たって痛いのが嫌だ、
時間がかかるのが嫌だ、なんていう患者様の期待に
答える事が可能になる事も圧倒的に増えます。

お気軽にご質問等して下さいね。
image

image

口腔ガン検診

日付2015年9月4日

口腔ガン、皆さんお聞きした事はありますか?
口腔領域に出来るガンです。
以前よりあきやま歯科では口腔ガン検診に力を入れて
います。
痛みは全くない、世界で最も最先端なガン発見器
とでもいいましょうか😁
頑張ってたおかげで、表彰して頂きました。
益々頑張ります❗️imageimage

ホームページを公開しました

日付2015年7月31日

ホームページを公開しました。感想をお聞かせ下さい。

今後はこのブログで、様々な歯の情報を発信していきます!宜しくお願いします。

2018年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

新着情報新着情報

ブログコーナーブログコーナー